会社経営に欠かせない資金調達を手厚くサポート

資金調達の方法はどんなものがあるのか?

社内の「資産」を「資金」に変えよう

企業が事業を行うにあたって、まず始めなければならないのが資金調達。
特に新規事業に着手する場合は、事業に必要な土地、機械、建物などの設備の投資に多額の資金が求められます。
また、建設業などのケースでは工事の開始から入金までのスパンが長いため、その間の資材費や人件費などの確保のためにも資金の調達が重要となります。
他にも、商品・材料の仕入れなどあらゆる場面において資金調達は企業の運営に重要な役割を担っています。

それでは、資金調達には一体どれくらいの方法があるのでしょうか。
企業の間で最も考えられる資金調達の方法として、銀行からの融資やビジネスローンが挙げられますが、実際の調達の方法はそれだけではありません。
例えば今話題となっているクラウドファンディングは、ネットを利用して、銀行や金融機関などの既存の枠組みを超えた新たな資金調達の方法として注目されています。
また在庫の売却や不要な資産の売却、債権の回収など出資・融資などに頼らず企業内で資金調達を完結させることができる場合もあります。
最近では、資金調達の選択肢も多様化しつつあり、各選択肢の特徴やメリット・デメリットを理解することでより円滑に、かつ柔軟に資金を調達することができるようになります。

本サイトでは、企業において考えられる資金調達の方法を「負債」「資本」「資産」の三点から分類し、それぞれの方法の特徴を解説していくとともに、考えられる利点と欠点について具体的に述べていきます。

おすすめリンク

銀行融資からクラウドファンディングまで!資金調達の方法を解説

一般に資金調達というと、会社の外部から資金提供を受けるという構図が想起されがちですが、実際には社内の不要な資産を資金調達に利用できる場合も多くあります。 数ある資金調達のうち、どの方法を利用するかに迷ったら、使われていない資産に目を向けるのも一つの手です。

外部からの「負債」によって「資金」を補填しよう

銀行や公的機関からの融資、ビジネスローンなどの貸し付けは、負債を負うことで事業費を賄う資産調達の方法の一つです。 最もオーソドックスであるように思われますが、融資・貸し付けを行う機関や手段の違いによって、様々な分類がされており、新しい手法も次々と生み出されています。

「資本」を増やすことで「資金」を集めよう

資金調達には、新株の発行と増資による方法もあります。上手く活用すれば、融資や借り入れを行うよりもより柔軟に資金集めを行うことができるようになります。 また、クラウドファンディングのようにオンライン上で出資を募るという新しい手段も注目されています。