会社経営に欠かせない資金調達を手厚くサポート

>

外部からの「負債」によって「資金」を補填しよう

デッドファイナンスの特徴について

二つ目の資金調達方法として挙げられるのが、企業に何らかの負債を受けさせることによる方法で、これをデッドファイナンスと呼びます。
具体的には、銀行や公的機関からなどの融資やビジネスローン、さらに社債の発行や社員からの借り入れを行う社内預金制度などもこれに該当します。
また、企業内の在庫、設備などの流動資産を担保として資金の貸し出しを受ける流動資産担保融資(ABL)も、手法の一つとして注目されています。

デッドファイナンスの大きな特徴として、調達した資金の強い返済責務があります。返済を怠った場合、訴訟提起によって法的責任を問われる可能性があります。さらに利息が発生した場合、利息分の返還にも応じなければいけない場合があります。

デッドファイナンスのメリット・デメリット

デッドファイナンスの強みは、高額資金を調達できる点にあります。
公的機関や銀行、他の金融機関などから融資を受けることができれば、潤沢な資金で余裕のある事業展開を行うことができます。
またビジネスローンの場合、銀行からの融資と異なり資金の利用目的が限定されないため、自由度の高い資金運用が可能となります。

このような利点がある一方で、デッドファイナンスの多くは融資の前に厳密な審査が行われるため、書類作成などの準備を行わなければならず、多くの時間と手間がかかります。
また調達された資金には、金利も含めて返済義務が生じるので、決められた期日に返済を行えるよう計画的な運用が必要となります。
デッドファイナンスを活用する際には、以上のような注意点も把握しなければいけません。


この記事をシェアする